Home >  Blog > 水辺の窓から
Blog

水辺の窓から

徒然なるままに。

時は過ぎる。今この瞬間も。

今思い浮かんだこの意識も 次の瞬きには過ぎ去って

 

吸い込んだ空気と 吐き出るなまあたたかい吐息

今私が生きているという事

 

耳元で誰かがうたうメロディを消さないように 音にして

思い浮かぶのは 誰の顔

 

意識と無意識

 

その繰り返しが

何でも無い日々の選択をつくり

その選択が今の自分をつくり

きっとこの瞬間も 何らかの選択の上で成り立っているという

どうしようもなく自分なのだ

 


コメントは受け付けていません。